Web サーバー化


Raspberry Pi は Linux パソコンとして動かせる。

よって、当然のことながら、

Web サーバー化

することもできる。

Linux で Web サーバー化を実現できる

ソフトウェアとしては、有名なものとして、

・Apache
・lighttpd
・nginx

などがあり、それぞれ特徴があるようだが、

ここではもっとも有名だと思われる

・Apache

のインストール方法について記載する。

また、これだけでは php が使えないので、

合わせて、

・php のインストール

についても記載しておこうと思う。

やることは以下の通り。

なお、セキュリティの観点からは、SSL/TLS 化すべきである。

が、まずはローカル環境での利用を想定し、

単純に web サーバーを立ち上げるだけにする。

他の web サーバーのインストール方法、及び

各々における SSL/TLS 化については、

時間を見つけておいおい記載していこうと思う。



■HTTP サーバーのインストール

まずはリポジトリをアップデートする。

      pi@raspberrypi$ sudo apt-get update

次に、以下のコマンドを実行し、

HTTP サーバーをインストールする。

      pi@raspberrypi$ sudo apt-get install apache2 -y

apache のインストールはこれで終了。

非常に簡単。

正常にインストールされたかどうかは、

Web ブラウザを立ち上げて、

http://localhost/

にアクセスし、以下のようなデフォルトページが表示されれば OK。

後は、自分で好きなように html を作成し、

/var/www/html/

以下に

index.html

として置けば、そのページが表示される。

■PHP のインストール

Web サーバーを立ち上げたとしても、

・Web サーバー側にクライアント側から処理をさせたい

というような場合は、PHP をインストールしておかなければならない。

よって、PHP も合わせてインストールしておく。

なお、2018 年 3 月現在、PHP のメインバージョンは

5.x 系と 7.x 系があるようだが、ここでは 5.x 系の

インストール方法について記載する。

具体的には、以下のコマンドを叩くのみ。

    
      pi@raspberrypi$ sudo apt-get install php5 php5-cli php5-gd php5-pgsql php5-mysqlnd php5-mcrypt php5-dev -y

ひとまず以上。




カテゴリー: ラズパイで linux タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください