Virtual Box に脆弱性発覚


■Virtual Box に脆弱性発覚

当サイトの

Windows でセキュリティ

でも利用している、Virtual Box に脆弱性が発見されたらしい。

「VirtualBox」にゼロデイ脆弱性
~ロシアのセキュリティ研究者が“GitHub”で明らかに
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1152373.html

脆弱性が影響するのは、現行版の version でもある、

5.2.20 およびそれ以前のバージョン

ということらしい。

なお、本脆弱性が利用可能となる条件は、

・ネットワークアダプターの割り当てが NAT となっていること
・アダプタータイプが Intel PRO/1000 MT Desktop(82540EM)であること

ということらしい。

なお、これらを確認するには、

Virtual Box を起動後、

Kali Linux なり metasploitable2 なりの

仮想マシンを選択した状態で、

メイン画面にある

『設定』

をクリックし、

出てくるダイアログの左側メニューにある、

『ネットワーク』

を選択する。

その際出てくる、ネットワークアダプターの割り当て部分が、

NAT

となっており、かつ、

『高度』

と書かれているところをクリックすると下に出てくる、

『アダプタータイプ』

Intel PRO/1000 MT Desktop(82540EM)

となっていると、本脆弱性の影響を受ける模様。

なお、NAT を選ぶとデフォルトがこれになる模様なので、

NAT 以外を選んでおいたほうがよい。



注意すべき事項としては、推測ではあるが、

1 つでも条件にあてはまる仮想マシンがあれば、

その仮想マシン起動時に本脆弱性を受けるであろう、

ということ。

そしてもう一つは、

各仮想マシンで複数のネットワークアダプターを

利用している場合、一つでもこの条件に当てはまる

ネットワークアダプタがあれば、やっぱり

脆弱性の影響を受ける可能性があるということ。

ちゃんと調べていないのでなんとも言えない部分はあるが、

多分それを使っているときに影響を受けると思われる。

したがって、最も良いのは、

本脆弱性の影響を受けないバージョンに上げること

なのだが、現状の最新版である、

5.2.22 or 6.00-Beta

が本脆弱性の影響を受けないのかどうか、が

定かではない。

こういうの、困るんですよねぇ。

ということで、まずはやっぱり上述の対応を

しておいた上で、最新バージョンが出次第

アップデートを行う、というのが

一般ユーザーにできる最善の方法かもしれない。

私自身、ひとまず 6.00-beta に update してみたものの、

どうも extension pack も update しないといけない模様。

このあたりの方法については、

ちゃんと動くようになり次第記載する予定。

ひとまず、脆弱性を突く練習をするために

自分自身が脆弱性を突く攻撃の標的となっては

元も子もないので、対応しておくことをお勧めする。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ タグ: , パーマリンク