Raspberry Pi Zero 用の拡張ボード


■Raspberry Pi Zero 用の拡張ボード

fabcross の記事。

Raspberry Pi Zero用多機能拡張ボード「Pi Zero USB Docking Hub」
https://fabcross.jp/news/2017/20171208_pi_zero_usb_docking_hub.html

早く手を出したい、出したいと考えている、Raspberry Pi Zero。

ただ、ネックはインターフェース系。

HDMI はミニ。

なので、アダプタやミニ対応ケーブルが必要。

こういう奴。

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル – 3.0m (タイプAオス- ミニタイプCオス)
by カエレバ

 

全部に対応 HDMI 接続 変換 4つセット mini HDMI & micro HDMI 90° L型 延長 コネクター
by カエレバ

 

USB も micro USB の口しかなく、電源を除けば一つだけ。

さらに、ネットワーク接続の口や、オーディオジャックもない。

が、この Pi Zero USB Docking Hub をつなげれば、

・USB は普通のサイズで 5 口
・Ethernet の口有り
・オーディオジャック有り

という形に拡張出来る模様。

ただ、当然のことながらその分 Raspberry Pi Zero 本体よりは幅をとる。

が、機能拡張できるんだからいいじゃない!

と思ったんだが、ちょっと疑問を抱いた。

ん?これって結局普通のラズパイでいいのでは???

ということで、急激に興味が薄れてしまった。

とはいえ、

・Raspberry Pi Zero が 5 ドル
・Pi Zero USB Docking Hub が 20カナダドル(約1800円)

ということを考えれば、

(日本では無理っぽいがその値段で買えた場合、)

通常のラズパイよりも半額程度の値段で帰るということか。

うーん、メリットが無いわけではなさそうだ。

ただなぁ・・・。

やっぱり Zero 系のメリットは、安さとともに小ささなんだなぁ。
*あくまで私にとって。

それに、これ買うなら WiFi と BlueTooth がついた

Raspberry Pi Zero W

を買いたいしなぁ。

ということで、買うならやっぱり W の方を買おう。

が、10 ドル PC のはずなのに、日本ではまだ 5,000 円弱はする。

Raspberry Pi Zero W ラズベリーパイ ゼロ W [並行輸入品]
by カエレバ

 

でもこれ買うならまだこっちの Starter Kit の方がトータルで安いか。
*ケースが気に食わんのだが。

Raspberry Pi Zero W Starter Kit
by カエレバ

 

でもなぁ、既に Raspberry Pi 3 Model B 三台もってるしなぁ。

そしてパフォーマンスと値段の差を考慮すると、ノーマルでもいいんだよなぁ。

うーん、Pi Zero 系はもうちょっと待ちかな。

でも情報は追っていこう。

もうちょっと安くなったら、このサイトで書いたことを、Zero 系でも実現したい。

来年かな。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ, ラズパイで電子工作 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.