Raspberry Pi の新モデル登場


■Raspberry Pi の新モデル登場

先日、といっても半年ほど前のことになるが、

Raspberry Pi 3 Model B+ が発表された。

これに関しては

新型発表! – Raspberry Pi3 Model B+ –

にて記載しているが、今度は、

Raspberry Pi 3 Model A+

が発表されたとのこと。

「Raspberry Pi 3 Model A+」発表。
小型低価格なAシリーズの新モデル、CPU強化にWiFi対応
https://japanese.engadget.com/2018/11/16/raspberry-pi-3-model-a-a-cpu-wifi/

Model B+ が大体カードサイズなのに対し、

Model A+ は Model B+ と横幅が同じのほぼ正方形で、

Model B+ を少し短くしたような感じ。

大きさ的にいうと、

Zero 系(縦長) -> Model A+(正方形)-> Model B+(縦長)

という感じか。

元々 Model A+ は、

低消費電力版

ということで発売されていたと思っているのだが、

今回はどうなんだろうか?

今のところ、既にラズパイは 3 台もあるので、

全くと言っていいほど物欲は刺激されない。

Zero 系の後続がでれば刺激されるかもしれないが、

A+ はちょっと微妙かなぁ。



ただ、Model A+ にはなかなかの思い入れがある。

何を隠そう、ラズベリーパイというデバイスの

存在をしるきっかけになったのは、この

Raspberry Pi Model A+

だった。

Raspberry Pi で Kali Linux を動かす、

というブログ記事をみて、

・そんな小さいデバイスがそもそもあるのか!?
・Kali Linux が動くってことは、PC として使えるじゃないか!
・しかもそんな小さいのでセキュリティ診断なんてすごい!

ということでかなり盛り上がってしまい、

結局購入したのが、恐らく初代の Model A+ だった。

ただ、実際に使ってみると、PC として使えなくないものの、

かなりストレスが溜まる状態。

そもそも低消費電力版である上、

グラフィックス系は画面描写程度でも厳しく、

さらにはメモリーも少ないからスワップが起きまくる状態。

また、機能もまだまだ制約されていたので、

無線通信は別途 USB の WiFi ドングルが必要等、

PC として使うにはかなり厳しい代物だった。

とはいうものの、PC としてではなく、

ちょっとしたサーバーとして使う分には、

何の不足もない状態。

実際、初代の Model A+ を使って

WiFi アクセスポイントを構築してみたが、

全く何の不足も感じなかった。

おかげで、

作りたい環境

を無事構築し、

セキュリティ学習を進めることができた。



その後は、PC としても使えるように、ということも考え、

当時パフォーマンスが非常に向上したという、

Raspberry Pi 3 Model B

を購入。

これが、十分とまでは言わないものの、

それなりに使えるものでもあったため、

結局 WiFi アクセスポイント化していた

Model A+

も Model B に置き換え。

お役御免となった Model A+ は、

友人に提供し、今はどうなっていることやら。

ということで、現在は所有していないうえ、

今回新たなモデルが出たとしても、

特に必要性は感じていない。

しかしながら、私を Raspberry Pi の世界に

引き込んでくれたきっかけとなるモデルでもあり、

なんとなく反応してしまう。

当時は WiFi 機能が付いていなかったが、

今回は WiFi があらかじめついている模様。

そうなるとまた使い勝手も変わってくると思うが、

Raspberry Pi Zero W

でよいような気もして、今後どうなるかは気になるところ。

ノスタルジックな感情はあるが、

とはいえ個人的にはやっぱり Zero 系の発展を望む。

しかし、何か使い勝手が出てくるようであれば、

選択肢として考えてもいいかもしれない。

Model B, Model A+, Zero 系

をすべて使って、何か面白いことができないか、

いいアイデアが浮かぶとよいのだが。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ タグ: , パーマリンク