Raspberry Pi で AI スピーカーと AI カメラ!? – Google AIY Project –


■Raspberry Pi で AI スピーカーと AI カメラ!? – Google AIY Project –

Google AIY Project というのがあるらしい。

「Google AIY Voice Kit V2」が国内販売開始 Vision Kitの第二弾も
https://robotstart.info/2018/07/26/google-aiy-vision-kit.html

なんでも、モノづくりを楽しむ Maker に、

AI をもっと身近に手軽に利用してほしい、ということから

いろんなものを提供していくプロジェクトらしい。

以前、このブログでも、

Raspberry Pi で AI スピーカー!

ということで取り上げていたのだが、

これはこのプロジェクトの第一弾だった模様。

で、第一弾がバージョンアップして、バージョン 2 が出たとのこと。

by カエレバ

 

何が違うのだろう?

とりあえず Raspberry Pi Zero WH が同梱されているとのこと。

それ以外は???

価格は 14,000 円程度。

単に AI スピーカーが欲しいだけなら、

Google Home のほうがずっと安い。

が、自分で作るというところに楽しさがあるだろうとは思う。

元々 Raspberry Pi Zero WH はほしいと思っていたし、

時代は AI!だから AI ってどんな感じ?ぐらいは知っておきたい。

また、できるならラズパイで AI を使ってできることを考えてみたい。

ということで、ちょっと興味を惹かれているのは確か。

でも、Zero WH って 5ドル PC のはずなのに、

日本で買うと 2,000 円前後する。

それでもラズベリーパイそのものよりは安いけど、

なんだかなー、とは思う。



そんなことを考えながら、記事を読み続けていくと、

第二弾として、Vision Kit という映像系のものもあるらしい。

by カエレバ

 

こっちは 24,000 円か…。結構するなぁ。

が、動画を見ると、結構面白そう。

うーん、興味はかなり惹かれるなぁ。

サーボモーターを使ってブラウザからカメラを操作する、

ということは

ライブカメラ(監視カメラ)を作る!

で実現したが、顔を認識して自動追尾するなんて

高度なことはやってない。

動画で見てしまうと結構楽しいなぁ…。

こうなると、この二つ合わせたくなっちゃうなぁ。

声を掛けたら声の方向にカメラを向け、

「おはようございます!今日の天気は…」

なんて反応してくれる、ロボラズパイ作れるんじゃないかなぁ?

それに DC モーターつけて、RC タンク化もできるよなぁ。

そんなのを二台作って、実家に置いたりして、

見守り IP 電話として使ったりしてみたら実用的だよなぁ。

うーん、できるできないは別にして、

ちょっと創作意欲がわいてきたかもしれない。

とはいえ、まずはラズパイで AI を制御できるようにしないと。

そのためには何から調べればいいんだろうか。

セキュリティのほうを一旦落ち着けてしまって、

ちょっと調べてみようかな。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ, ラズパイで電子工作 タグ: , , パーマリンク