Raspberry Pi でロボット!?


■Raspberry Pi でロボット!?

fabcross にこんな記事が載っていた。

Raspberry Piで動かす2足歩行ロボット「PiMecha」
https://fabcross.jp/news/2018/20180508_raspberrypirobot_pimecha.html

二足歩行ロボットかー。

デザインは、私の感覚的にそんな惹かれるものではない。

組み立てキットで大体 45,000 円、

組み立て済みで約 60,000 円とのこと。

まぁロボットであることを考えると、

一概に高いとはいいきれないかなー、という感じ。

raspberry pi で何かを作る、となると、

何でもかんでも欲しくなってしまう私ではあるが、

仮に購入しても、何に使う?と思ってしまう。

ただ、自分で作れる、とかとなると話は別。

17 個のサーボモーターを制御できるというし、

kickstarter のキャンペーン成立後、

python コードも公開されるということなので、

それをしっかり勉強するにはよいかもしれない。

ただ、17 個のサーボモーターって、

どうやって制御しているんだろう?

そもそも GPIO からサーボモーターに供給できる

電源の数だけでもそんなにないはずなんだけど・・・。

購入して分解してみるとわかるかも、と思いつつ、

kickstarter のページを見てみた。

PiMecha – Humanoid Robot on Raspberry Pi
https://www.kickstarter.com/projects/127134527/pimecha-humanoid-robot-on-raspberry-pi

頭部にカメラついてやがる・・・。

だとすると、

「たかがメインカメラをやられただけだ!」

なんてことができるかもしれないじゃないか・・・。

そうなるとラジコン戦車と同じようなことができるじゃないか。

いやちょっと待てよ・・・。

いきなりロボットは厳しいかもしれないが、

ラジコン戦車作ったんだから、

ガンタンクもどき

は作れるんじゃないか!?

だとすると、ガンプラ買って外装にして、

中身はラズパイで、とすれば、

動くガンタンクプラモ

ができるんじゃないか!?

それが出来れば、

その後は二足歩行にチャレンジして、

とかもできるかも!?

ということで夢が広がったので、ちょっと見てみた。

ガンプラ MG 1/100 RX-75 ガンタンク (機動戦士ガンダム)
by カエレバ

 

サイズ的に無理だな・・・。

ウエスト細すぎるぞ!

これじゃぁ胴体にラズパイを入れるなんて無理だ。

ん? raspberry pi zero wh ならいけるか?

いや多分無理だなぁ。

と独り言をつぶやいてみたが、

折角出来たラズパイ戦車を別の形に拡張する方法の一つとして、

プラモデルとの融合

という選択肢はアリに思えてきた。

今後作るものとして検討してみようかな。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください