準備するもの


前回記載した環境を作るためには、

複数のラズパイとかそれを操作するための周辺機器がいる。

ここではまず、

  1. 必要なもの
  2. あると便利なもの

について、まとめておきたいと思う。

なお、大前提として、

パソコンはあらかじめ存在するもの

としていることにご注意頂きたい。

■必要なもの

 

今回の環境を作るのに使ったものは、以下の通り。

  1. Raspberry Pi 3 Model B x 3 台
  2. MicroSD カード x 3 台
  3. USB 給電ケーブル x 3 本
  4. USB キーボード x 2 台
  5. USB マウス x 2 個
  6. HDMI ケーブル x 3 本

以下、各々具体的に書いていく。

Raspberry Pi 3 Model B

 

今回は 3 台準備。内訳は、

・WiFi アクセスポイント(一号機)
・擬似家庭内機器(二号機)
・セキュリティ確認用機器(三号機)

ていう感じ。

本当は 3 台もいらない。

WiFi ルータとパソコン 1 台でも構成できる。
*この場合、パソコンに Virtual Machine を入れればよい。

でも、あくまで

『ラズパイでワナビな日々を』

なので、誰が何といおうとラズパイで作る!

ちなみに、WiFi アクセスポイント用と

擬似家庭内機器は多少パフォーマンスが悪くてもよいが、

セキュリティ確認用は性能がいいものがよい。

とりあえず今回は全部ラズパイ3の Model B で揃えた。

microSD カード

 

ラズパイの場合、これがハードディスク代わりになる。

当然 3 枚必要。容量は 8 GB以上あれば大丈夫みたい。

ただ、相性とかがあるらしく、

まれに動かない microSD カードもあるらしい。

私は幸い、以下のもので動いた。

ただ、セキュリティ確認用機器向けには、32G ぐらいは欲しい所。

ツールを色々と入れていくので、8 Gではさすがに足りなかった。

USB 給電ケーブル

 

ラズパイの電源は microUSB なので、これも 3 つ必要。

実際に環境を作ってみると、

ケーブルばっかになるので、巻き取り式を選択。

使ってみて思ったのだが、片付けが結構楽。

気に入っている。

USB キーボード

 

こちらは最低一つでもいいのだが、

擬似家庭用機器を操作しながら、

セキュリティ確認用機器を動かす、

とかするので、まぁ2つあった方がいい。

ほんとは折りたたみ式の

無線キーボードでやりたかったけど、

初期設定等が必要なので、

最初は必ず USB キーボードが必要。

あまりかさばるのもいやだったので、

シリコンかつケーブル部分が巻き取り式のものを選択。

最初は動けばよいので安いのでよいかと思う。

USB マウス

 

これも最低 1 つでよいが、

キーボードと同じ理由で 2 つあると便利。

私のはやっぱりケーブル部分巻き取り式。

こんな感じの、もっと安いものを使っている。

HDMI ケーブル

 

基本は 1 本でいいが、今回の環境でやるなら、

最低 3 本は欲しい所。

もっというと、

後述するように HDMI 切替器もあった方がよい。

ただ、あくまで表示用。

なので、

別のパソコンからリモートデスクトップ等でラズパイの画面を表示する、

とかができるなら、1 本でいいと思う。

私はやっぱり巻き取り式を選択。

片付けにはよいが、思ってたよりは大きい。

手のひらより一回り小さく、厚みは 1.5cm ぐらい?

とはいえ結構気に入っている。

何だかんだで片付けが楽なのである。

■あると便利なもの

 

もうこれはほぼ趣味。

ただ、あると意外と便利だと感じたものは、以下の通り。

  1. HDMI 切替器 x 1 台
  2. USB 給電アダプタ x 1 台
  3. Raspberry Pi ケース x 2 個

以下、各々具体的に書いていく。

HDMI 切替器

 

擬似家庭用機器で操作をしながら、

セキュリティ確認用機器で諸々動作を確認していく、

とかいう使い方をするので、あると便利。

ただ、前述のように、

PC でリモートデスクトップ的な形で表示させる

なら全くいらない。

私の場合、自宅のテレビにラズパイを

直接つないでやっていたので、結構重宝した。

あと、実際にものを動かしている感が味わえるので、

その点ではあるとよいと思う。

USB 給電アダプタ

 

ラズパイは電源として 2A あった方が安定的に動く模様。
*一応私の環境ではそうでなくても動いてはいるが…

なので、複数台のラズパイを同時に動かすなら、

こういった USB-ACアダプターがあった方がよい。

Raspberry Pi ケース

 

ラズパイが 3 台あると、

正直どれが何号機だったのか、

が分からなくなる。

ということもあって、

私はそれぞれをケースの有無や種類で区別している。

一号機は基板むき出し。

これはこれで何か技術屋さんっぽくてよい。

二号機は擬似家庭内機器ということで、

こんなケース。

三号機はセキュリティ確認用ということで、

クリアケース。

とりあえずはこんな感じかなー。


Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.

カテゴリー: ラズパイでセキュリティ タグ: , パーマリンク