OS のインストール


当然のことながら、まずは OS をインストールして動くようにしていかないといけない。

OS は、ラズパイ用 OS である Raspbian の他、各種 Linux 系、Windows 10 IoT なんかがあるが、今回は普通に Raspbian を入れる。

■OS の選択

まずは公式サイトから、OS のイメージファイルをダウンロードする。
https://www.raspberrypi.org/downloads/

NOOBS と RASPBIAN がある。NOOBS は複数の OS をインストールするとかの場合に非常に便利。

ただし、microSD カード の利用領域拡張で戸惑ったりしたことがあった。

また、RASPBIAN の方がインストール自体がほぼ不要なので楽。

よって今回は RASPBIAN の方を選択。

RASPBIAN のページに移ると、RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL と RASPBIAN JESSIE LITE がある。

LITE の方が文字通り軽い(サイズが小さい)のだが、ネットワークにつないでインストールする、

という作業が必要になるので、ここは RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL を選択。

Download ZIP ボタンを押して、ダウンロードを開始する。

結構時間がかかるので、ここは慌てずじっくり待とう。

■microSD カードへの格納

待っている間でもよいので、まずは microSD カードをフォーマットしておく。

私の場合、これを使っている。
https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/

フォーマットとしては、上書きフォーマットで論理サイズはONで実施。
*購入直後なら不要かもしれないが、念のため実施。

OS のダウンロードが終わったら、ZIP ファイルを展開し、イメージファイル(.img)を取り出しておく。

次に、取り出したイメージファイルを microSD カードに書き込む。

私の場合、以下の書き込み用ソフトを利用。

Win32 Disk Imager
https://ja.osdn.net/projects/sfnet_win32diskimager/

結構使いやすくて良い感じ。書き込みが終われば、いよいよ起動へ。

■ラズパイの起動

イメージファイルを書き込んだラズパイを起動する。

この時、以下の準備をしておこう。

  • ・USB キーボードとマウスの接続
  • ・HDMI ケーブルの接続(ラズパイ、ディスプレイ側両方)
  • ・microUSB を通じた電源供給
  • ・LAN ケーブルの接続(有線の場合)

イメージはこんな感じ。


microUSB をつないであげれば電源が入り、起動する。

起動すると HDMI ディスプレイに起動画面が表示され、しばらく待つと自動的にログインされ、

デスクトップ画像が表示される。

ひとまずこれで起動は完了!

ちょっと長くなったので、今日はこの辺で。

次回は初期設定について書こうと思う。


Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ラズパイで linux タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください