Kali linux の新バージョンリリース




■Kali linux の新バージョンリリース

Kali Linux の新バージョンがリリースされていたみたい。

Kali Linux 2017.3 hands-on:
The best alternative to Raspbian for your Raspberry Pi
http://www.zdnet.com/article/kali-linux-2017-3-hands-on-the-best-alternative-to-raspbian-for-raspberry-pi/

Kali Linux は、ペネトレーションテスト(侵入テスト)等の

セキュリティテスト用途の linux ディストリビューション。

ARM device 向けもあり、Raspberry Pi でも動作する。

Kali Linux さえ入れてしまえば、

本サイトの

ラズパイでセキュリティ

に記載している内容は、結構な部分が網羅される。

加えて、他にも有用なセキュリティテストツールが入っている。

私も以前は、raspberry pi に kali linux を入れていた。

が、当時 Lite 版を選んでしまったためか、

・Full 版よりプレインストールされているツールが少ない

という状況だった。

加えて、kali linux を入れてしまうと、

・kali linux から GPIO を操作する方法が分からない

という状況であった。

このため、

・Raspbian のままで各種セキュリティテストツールを入れる

という方向を選択して、今に至っている。

が、新しいのが出たのであれば、再度試してみてもよいかな。

脆弱性検査 – metasploit(インストール編)-

でも記載した metasploit などは、最初から入っているし。

また、元々は

・監視カメラ+ラジコン戦車

化した Raspberry Pi 3 Model B に、

・Kali Linux 同等以上のセキュリティテスト機能

を追加して、

・真のセキュリティカメラ

みたいにしたいと思っていたが、最近では、

セキュリティテスト機能は分離してもよいかな、とも思いだしている。

そうなってくると、今回のニュースの様に、

・Kali Linux を積んだ Raspberry Pi

をセキュリティテスト用にしてしまうのがよいとおもう。

いずれにせよ、とりあえず試してみようと思う。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ, ラズパイで linux, ラズパイでセキュリティ タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください