日本語環境の構築


ラズパイで日本語を扱えるようにする。やることは以下の通り。多分すぐ終わると思う。

以下、各々について書いていく。

■ロケーションの設定

まずはいつも通り、コンフィグ画面を起動。

 pi@raspberry$ sudo raspi-config

以下の通りメニュー画面が出てくるので、『4. Localisation Options』を選択する。

続いて、『I1 Change Locale』を選択。

『Configuring locales』画面になるので、まずは en_GB.UTF-8 UTF-8 を外す。
*矢印キーの上下で移動、スペースで選択・選択解除が実行可能。

そのまま矢印キーで下に移動し、今度は ja_JP.EUC-JP EUC-JP と ja_JP.UTF-8 UTF-8 を選択し、OK を押す。
*どちらかだけでよいかもしれない…。

そうすると以下の通り、『デフォルトではどれにする?』と聞かれるので、ja_JP.UTF-8 UTF-8 を選択し、OK を押す。

メニュー画面に戻るので、Finish を押して完了。

■日本語フォントのインストール

設定を日本語にしても、フォントがないと文字化けして読めなくなる。

なので続いて日本語フォントを入れる。まずはリポジトリをアップデート。

pi@raspberrypi$ sudo apt-get update

次に以下のコマンドで日本語フォントをインストール。

pi@raspberrypi$ sudo apt-get install fonts-takao -y

なお、フォントには他にも色々あるので好みのものを選べばよい。
*が、特にこだわりがなければこれでよいと思う。

これで日本語の表示環境は整った。

■日本語入力ソフトのインストール

最後に、日本語入力ソフトを入れる。uim とかもあるが、私の場合何度かうまくいかなかった。

よって今回は ibus を選択。以下のコマンドでインストールする。

pi@raspberrypi$ sudo apt-get install ibus ibus-anthy -y

終わったら再起動する。

pi@raspberrypi$ sudo reboot

これで日本語表示、日本語入力が可能となる。

切り替えは以下の通り画面右上のアイコンから行えばよい。


Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.

カテゴリー: ラズパイで linux タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください