IoT 機器のセキュリティ確保




■IoT 機器のセキュリティ確保

engadget の記事に、以下のようなものを見つけた。

IoT機器にもセキュリティを!
家庭内をまとめて守る「ウイルスバスター for HomeNetwork」がオススメ
http://japanese.engadget.com/pr/iot-for-homenetwork/

確かに、家庭内にある IoT 機器を全て保護するのは難しい。

そもそも、各機器がセキュリティを意識した設計をしていないことが多い。

また、脆弱性などが発覚した場合、アップデートしてくれるかどうかも微妙。

さらに、利用者側も、全ての IoT 機器をアップデートしたりしない。

そういった状況において、

「家庭内ネットワークに繋いでおくだけ」

で流れるデータを監視してくれるなら、それは便利。

また、

家庭内ネットワークに変な機器がつながってないか、

も視覚的に分かる模様。

見える化、は大事だからね。

しかしこれ、ルータと WAN の間にはさむ訳ではないらしい。

まぁ確かにそれだけだと Wi-Fi に勝手に接続される、は検出出来ない。

そうなんだけど、

どうやって実現しているのだろう?

と思ったら、どうもこれ、ARP spoofing やっているっぽい。

本サイト内の、

パケットは盗聴できるのか!?

とか、

不正サイトへの誘導は可能!? – その 1 –

で書いた様に、

・ARP spoof で全機器のパケットを自分に集める

・集めたデータの内容を check する

ということをやっている模様。

これなら確かに、ネットワーク内に機器を置くだけで実現できる。

が、ARP spoof 対策している機器の場合どうなるんだろう?

とはいえ、個々の IoT 機器をメンテナンスするよりは、

こういった仕組みを使った方が、よっぽど安全だとは思う。

実際どれぐらい効く物なのか、ちょっと試してみようかなぁ。

ウイルスバスター for HomeNetwork(端末+ウイルスバスターfor HomeNetwork1年版)
by カエレバ

 




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください