作りたい環境


セキュリティ対策について安全な状態で学ぶため、色々考えてやってきたことを記載する。

■作りたい環境

安全な状態で自由に色々学ぼうとするならば、完全に独自のネットワークを作ってしまえばよい。

そうすれば、対策が間違っていたり不足していたりしても、影響が独自のネットワーク内に止まる。

でも、パソコンでネットワークを作るのは、やっぱりお金が掛かるもの。

でも、ラズパイだったら一台 5,000 円から 6,000 円ぐらいのもの。

三台つかっても 20,000 円もしない。安い PC 一台買うより圧倒的に安い!

さらに、複雑な設定を間違えてしまって動かなくなったとしても、バックアップが簡単なので、すぐにリカバリできる。つまり何度でもやり直しが利く。

ということで、まずはラズパイでどんな独自ネットワークを作ればいいのか、検討してみる。

作りたい環境のイメージは、こんな感じかな。

WiFi のアクセスポイントを作る

ラズパイを使ってネットワークを構築するのであれば、やっぱり無線ネットワークがよい。
*有線だと、Ethernet インターフェースの数がそもそも足りないので。

これを作ってしまえば、後はこの無線ネットワークに他のラズパイを接続させればよいことになる。

よって、まずはラズパイで WiFi アクセスポイントを作る。
*まぁ家のでもいいんだけど…。

ネットワークに繋がる機器を作る

WiFi アクセスポイントを作ったら、当然それに繋がるラズパイが必要となる。

サーバーは WiFi アクセスポイントになるラズパイ上で立ててもいいのだが、どうせだったら、自宅の環境みたいに、WiFi にいろいろな機器が繋がるネットワークにしてみたい。

これに関しては、ラズパイ用のカメラモジュールでも買って、家にある機器っぽいラズパイを作り、それを繋げてみたいと思ってる。

セキュリティ対策を確認する機器を作る

はっきりいうと、普通のパソコンでいい。というか、普通のパソコンの方がパフォーマンスがいい。

でもそれではつまらない。パソコン買わないといけない。ラズパイの方が安いしおもしろい。

ということで、独自ネットワークに繋がって、そのネットワーク内のセキュリティ対策を確認する機器も作りたい。

とまぁ好き放題書いているが、一つ一つトライした結果を今後書いていこうと思う。


Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.

カテゴリー: ラズパイでセキュリティ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください