頻発する物欲(ラズパイケース)


■頻発する物欲(ラズパイケース)

現在、raspberry pi 3 がうちのメインマシンとなっていることは、

以前、

Windows がフルで動くボード型 PC

でも書いた。

何とか凌いではいるが、やはりメインマシンとして使うには不満がある。

そのうちの一つに、電源問題がある。

現時点では、消費電力が少ない事もあり、常時起動状態で使っている。

とはいえ、無駄な事には違い無いので、不使用時には電源を切っておきたい。

電源を切るのは特に問題ない。

OS 上からシャットダウンすればよいだけである。

が、次回起動時が面倒臭い。

一旦、電源ケーブルを抜き差ししないといけない。

それぐらい、と思われるかもしれないが、実は結構面倒くさい。

基本的にほぼ毎日起動しているので、毎日抜き差ししないといけない。

しかも、micro USB の口が固く、結構力が必要。

その上、今は基板むき出しの三号機をメインにしているため、GPIO が折れそうになる。

毎回それなりに気を遣うのである。

よって、何とかスイッチを実現できないものか、と思っていた。

自分で実現しようかとも思ったが、ハンダ付けが必要そう。

ハンダ付けもいずれやりたいとは思っているが、現時点では特に予定ない。

どうしようかなー、と迷っていたら、見つけてしまった。

Smraza Raspberry Pi 3 ケース ラズベリー・パイ3 Model B ケース + 2.5A 電源アダプター + ファン+ヒートシンク Black ケース ラズパイ3 2 Model Bとも対応(Raspberry Pi 3 Model B 本体含まりません) (ケース+電源)
by カエレバ

 

カバーの他、スイッチ、2A の電源、ファンまでついて、2,000 円だとぅ!?

また物欲がムクムクと湧き出してしまった。

気になることといえば、

(Raspberry Pi 3 Model B 本体含まりません)

とかいうへんな日本語から、おそらく中国製であろうということ。

ただ、Amazon のカスタマーレビューはそう悪くは無い。

組み立てが必要っぽいが。

多少質が悪くてもまぁ 2,000 円ならそう痛くないしなー、

と、完全に

安物買いの銭失い

状態になりそうになっている。

ケースが足りなければ確実に買っているのだが、今は我慢するか。

ラジコン戦車化時には、やっぱりカバーなしのラズパイの方がよさそうだし。

ひとまず色々作り終えてから、やっぱり欲しいとなったら買おう。

でも欲しいなぁ・・・。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください