諸々確認中 – Raspberry Pi でラジコン戦車 –


■諸々確認中 – Raspberry Pi でラジコン戦車 –

心折れかけている、ラズパイでラジコン戦車を作る計画。

何が原因か、がよく分からないので、一個一個確認中。

まず、確認したのは、超基本ではあるが、

DC モーターそのものや、ギアボックスが動くかどうか。

こちらに関しては、電池ボックスとモータを直接接続してみた。

その結果、ちゃんと回ってくれている。

ということで、

・DC モーターが壊れている
・ギアボックスが固くて回らない
・電池が切れている

ではない、ということが確認出来た。



次に確認したのは、

・ブレッドボードの使い方は間違えてないか?

ということ。

今回使ったのは、これ。

Rasbee SY-170 ミニブレッドボード カラフルブレッドボード 5個 [並行輸入品]

Rasbee SY-170 ミニブレッドボード カラフルブレッドボード 5個 [並行輸入品]
by カエレバ

 

実物はこちら。

ブレッドボードの縦列が同一ラインになるはず、と認識していたが、

写真の下(裏をめくった物)を見ても、その認識はあっている。

ということで、

ブレッドボード経由でもモータが回るか

を確認してみた。

やったこととしては、

・電池ボックスの電源と GND をブレッドボードに接続
・モータからの線を、ブレッドボード上の電源、GND ラインに接続

の二つ。

これも綺麗に回ってくれた。

ということで、今度は抵抗を繋いでみる。

10KΩの抵抗を、ブレッドボードの電源ラインから、

他のラインに繋いでみる。

写真の横方向に抵抗を接続することで、

・抵抗付きの電源ライン

を新たに作ったことになるはず。

ということで、抵抗付きの電源ラインにモータを繋げてみた。

・・・。

回らん。

抵抗つけただけで回らん???

電圧足りてない?

抵抗壊れている?

ということで、抵抗の代わりにジャンパワイヤで橋渡ししてみた。

回る。

きちんと回る。

ということは、電圧足りてないのか?

が、配線自体は間違えていない、ということは確認出来た。

なので、ひとまず次のステップに行くこととした。



とりあえず、モータードライバ自体が動くかどうかを確認したく、

http://startelc.com/H8/H8_53mterDrv.html

を参考に、ブレッドボード上でモータードライバを含めて配線。

使っているモータードライバーは、これ。

ラズパイで作ろう!ゼロから学ぶロボット製作教室電子部品セット その2(連載第4回向け)

ラズパイで作ろう!ゼロから学ぶロボット製作教室電子部品セット その2(連載第4回向け)
by カエレバ

 

私はオス – オスのジャンパワイヤを持ってなかったので、

こっちを買っておいてよかった。

で、実物はこれ。

左からピン番号が 1 — 10 となっている。

なので、これにマッチするように繋いでみた。

なお、現段階ではモータードライバーのテストなので、

マイコンからのモータ制御用信号を入力する用の

PIN 5, 6 に関しては、電池に直接繋ぐこととした。



結果、モーターはウンともスンとも言わない。

PIN 5, 6 には単純に High,Low を入れてはいけない
*PWM 信号でないとだめ?

のか?それとも、

モータードライバーを動かす電圧がそもそも足りてない
*使っているのがマンガンの単三電池二本(直列)で 3.0V 相当

のか?

うーん・・・。

さっきの抵抗の状態を考えると、どうも電圧のような気がしてきた。

が、こちらのサイト

プチモンテ
モータードライバー(TA7291P)の使い方 [Arduino]
https://www.petitmonte.com/robot/motor_driver_ta7291p.html

を拝見するに、電池は二個しか使ってない。

だとすると、動かせなくはなさそうなんだがなぁ・・・。

とりあえず、電池ボックスを買って電池追加をする前に、

・PIN 5, 6 に入れるべきは High, Low か PWM か?

をちょっと確認しよう。

その上で、

・ラズパイから PIN 5, 6 に信号を送る

ということを今一度やってみよう。

ちらっと動いたことはあるから、

なんとかいけるはずなんだよなー。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ, ラズパイで電子工作 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください