新型発表! – Raspberry Pi3 Model B+ –


■新型発表! – Raspberry Pi3 Model B+ –

3 月 14 日、ラズベリーパイの新型である、

Raspberry Pi3 Model B+

が発表された模様。

Raspberry Pi 3 Model B+発表。
CPU、Wifi、LAN高速化、PoEサポートで価格は据置き
https://japanese.engadget.com/2018/03/14/raspberry-pi-3-model-b-cpu-wifi-lan-poe/

見た目や外部インターフェース系はほぼ同じ。

しかしながら、

・CPU の変更

・Bluetooth Low Enagy(BLE)への対応

・Giga-bit Ether(ただし USB2.0 経由)

・WiFi が 2.4G 及び 5G 両方対応

・PoE(Ethernet ケーブル経由での電源供給)

など、結構色々性能向上されている模様。

ちなみに、3 月 14 日はπの日らしい。

円周率を表すπが、3.14 で始まる数字であることにちなみ、

Raspberry Pi の新型を発表したとのこと。

そういうの、個人的には結構好き。



とまぁそれはさておき、個人的には

メモリサイズを増やしてほしかったかなー。

現在ラズパイをメインパソコンとして利用しているが、

・Web アクセスが結構遅い

・ブラウザでタブを数枚開くと固まる

などの現象は頻発している。

その意味で、

・CPU の性能向上

・ネットワーク通信速度の向上

と言う所はありがたい話なのだが、

メモリスワップの問題解消の方が効くんじゃないかと思っている。

ということで、メモリサイズを増やしてほしかったのだが、

今回の発表はその意味では残念な内容だった。

しかし、CPU の性能向上やネットワーク通信速度の向上で、

現状がどこまで解消されるのか、はちょっと興味がある。

とはいえ、今のところは大して物欲を刺激されていないのが

正直な所かな。



しかし今回は B+ ということで、

Raspberry Pi3 Model B

の性能向上が主となっている模様。

じゃぁ、Raspberry Pi4 だとどうなるんだろうか?

そもそも計画されているのかどうかも知らないが、

性能向上意外としてはどんな変更が考えられるのだろうか?

いまいまの Raspberry Pi3 Model B でも、

・USB ポート x 4
・Ethernet x 1
・イヤホンジャック x 1
・HDMI x 1
・micro USB ポート(電源用) x 1
・GPIO ピン x 40
・micro SD カード(起動用) x 1
・専用カメラモジュール用インターフェース x 1
・WiFi インターフェース
・Bluetooth

など、結構外部入出力は充実している。

正直な所、何をするにしたって、

結構十分なレベルではないかと思っている。

今回の Raspberry Pi3 Model B+ で、

Bluetooth Low Enagy

に対応したのは確かによいと思うのだが、

性能向上は今後も必要だとして、

機能としては何を向上させていくのだろう?

期待している一方で、あまりごちゃごちゃつけてしまうと、

ラズパイの一番の特徴である、

安くて小さい

という所が失われるのではないか。

そうなってしまっては残念だ。



そういう観点もあって、個人的には、

Raspberry Pi Zero WH

Raspberry Pi Zero WH Starter Kit 8GB
by カエレバ

 

をもっと進化させて欲しいと思っている。

まずは性能面。

やはり RAM が 512MB というのは小さすぎる。

CPU の性能向上もしてほしいが、これも改善してほしい。

あと、元々 Raspberry Pi 自体が教育用だから

致し方ない面があるのは承知だが、micro HDMI とかも

なんとかしてほしい。

教育用としては主流系に任せて、

Zero 系は電子工作に特化する、などでもよいのではないか?

そうすると、

・初めから SSH を使える様にしておく

などとすることで、初期設定時に必要不可欠な

ディスプレイでの表示やキーボード、マウス接続

といった所が不要になるはずである。

これにより、micro HDMI を取っ払えたりするので、

もっと小型化する、等の改善が可能になるのではないか。

現状でも十分に小さくて安い

Raspberry Pi Zero 系

ではあるが、micro HDMI 変換アダプタなど、

実際に動かすためには追加のものが必要となるので、

これらをなくし、その安さを存分に享受できるようにしてほしい。



まぁ、とはいえ、Raspberry Pi に出会ったことで、

私自身、電子工作で楽しむことはできるわ、

セキュリティの勉強としてやりたかったことはできるわ、

さらにこの先何を作ろうか、と夢想することはできるわ、

と非常に楽しい日々を送らせてもらっている。

色々注文はつけたものの、大変にありがたく、感謝している。

とりあえず、Raspberry Pi に出会た頃に、

作りたい!

と思っていたものは、一通り出来た。

今後は次なる挑戦に向けて色々夢想していくとともに、

Raspberry Pi の更なる進化にも注目していきたい。

Raspberry Pi の性能がさらに上がったり、

もっと安くなったり、機能が増えたりすると、

「じゃぁこんな使い方もできるのでは?」

なんていうことも増えていく。

そうするとまた楽しい日々が続けられるのである。
*出費はちょっと痛い部分もあるが。

ということで、今回の Raspberry Pi3 Model B+ に止まらず、

Zero 系も含めて更なる進化を遂げてほしいと思う。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ, ラズパイで電子工作 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください