想定未満の登録者数 – 情報処理安全確保支援士 –


■想定未満の登録者数 – 情報処理安全確保支援士 –

本日、第二回の情報処理安全確保支援士登録者数が発表された。

http://www.ipa.go.jp/about/press/20171002.html

10 月 1 日付で情報処理安全確保支援士となったのは、

2,822 名

とのこと。

前回(第一回)は 4,172 名だった。

前回が第一回だったことを考えても、1,300 人以上の減。

ちょっと減りすぎだとおもう。

また、今回は、第一回の試験合格者が登録できる初めての回。

第一回の試験合格者は、奇しくも今回の登録者数と同じ、

2,822 名。

このうち、今回登録したのはなんとたったの 674 名。

さすがにこれには驚いた。

私のような、

「合格したけど登録しない」

なんてひねくれ者は、1/3 もいないだろう、と思っていた。

が、実際には

4 人に 1 人も登録してない、

ということになる。

また、旧情報セキュリティスペシャリスト等の登録も、

約半分になった、

ということになる。

やっぱりみんな様子みしてるんだなー、と思った。

試験にさえ合格していれば、試験合格者は名乗れる。

別に名称が使えなくても、実力を客観的に提示できる。

また、一旦合格しておけば、あとはいつでも登録できる。

一方、今登録してしまうと、維持費用の負担が大きい。

さらに、大したメリットが見当たらない。

そりゃ登録せんわ。

これまで何度も書いたが、経産省はいい加減気付いてほしい。

今のままでは制度としてだめだ、ってこと。

講習受けたら支援士に!?

でも書いたが、

IPA の講習受けたら支援士なれますよ、
参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%87%A6%E7%90%86%E5%AE%89%E5%85%A8%E7%A2%BA%E4%BF%9D%E6%94%AF%E6%8F%B4%E5%A3%AB

などで数を増やそうとしても、結局登録しない。

まぁ、わかってるけど更新料で儲けられるからやめないんだろうね。

なんだかなー。

とはいえ、第二回の試験まで後二週間。

現在、試験に向けて頑張っている方には、是非合格して頂きたい。

本サイトでも、

情報処理安全確保支援士への道

で勉強法や参考書に加え、

試験日までにやっておくこと

試験日の状況

などを記載している。

微力ながら参考にして頂ければ、と思っているので、よければ見て頂きたい。

そして、合格された暁には、

必要がないなら、

登録せずにいて頂きたい。

そうすることで、

いつまでたっても登録者数が増えない、

という状態を作り、

『もっとなんとかせねば』

と経産省に思っていただくしかないかと思う。

支援士も、支援士を必要とする人も、

双方ハッピーな制度になることを切に願ってやまない。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ, 情報処理安全確保支援士 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください