平成 30 年春期情報処理安全確保支援士試験申し込み受付開始




■平成 30 年春期情報処理安全確保支援士試験申し込み受付開始

1 月 11 日より、

平成 30 年春期情報処理安全確保支援士試験

の申し込み受付が始まった。

https://www.jitec.ipa.go.jp/index.html

紙の願書でも申し込みできるが、

まぁインターネット申し込みでよいと思う。

思い返せばちょうど一年前、初めて申し込んでみた。

その頃から本格的に勉強を開始。

普通に働きながらの勉強はなかなか骨は折れたものの、

なんとか三ヶ月勉強を継続。

晴れて第一回試験の合格者となることが出来た。

試験合格から半年以上の月日が流れたが、

正直な所、表だって見えるメリットは皆無に等しい。

あるとすれば、

勉強法や参考書に関する記事が本サイトの主力となっている

ことぐらいか。
*といっても、日に 20 — 30 PV 程度のものだが・・・。

まぁ後は、実際に受験して残念ながら不合格だった人から、

「なんだお前そこそこやるじゃねーか」

と言ってもらえるぐらい。

ただ、じゃぁ受ける意味がないかというと、そうではないと思う。

個人的に感じた、受験(試験合格)のメリットとしては、

・勉強により、自分の弱点を明確にできた

・勉強により、専門知識の幅が広がった

・(勉強に使っていた)余暇を有益に使う、を習慣化出来た

・「自分でも、やれば出来るんだ」ということを確認できた

・合格により、自分の専門性を客観的に提示できる状態になった

などが挙げられる。

一方で、登録するメリットに関しては、未だ全く感じていない。
*転職等するなら別かも知れないが・・・。

まず、何せ資格の維持費が高すぎる。

そして独占業務が存在しない。

名称利用が可能なだけ。
*登録しなくても、合格していれば「試験合格者」は名乗れる。

やっぱり、

・試験を受ける(出来れば合格する)ことは有意義

・(合格後に)登録することはデメリットとなる人の方が多い

という状況だと思う。

折角国家資格になったんだから、

経産省には早急にこの状況を解消して欲しいものである。

とまぁ愚痴はさておき、今回の申し込み開始を機に、

・受験を迷っている人

・以前不合格になった人

には特に、受験されるとよいと思う。

迷っているぐらいの人に対しては、

・申し込むことで勉強せざるを得なくなる

・勉強するだけで、自分のセキュリティ知識は確実に増える

・合格すれば、それだけで自分の専門性を客観的に示せる

・仮に落ちても、金銭的被害は 5,700 円+αぐらいで済む

ということから、メリットの方が圧倒的に大きいのではないかと思う。

仮に合格できれば、その後、登録してもよいだろうし、

私の様に、

登録しない

という選択肢を選んでもよいと思う。
*今のところ、登録しなかったことによるデメリットは一つもない。

また、以前不合格になった人に対しては、

・既に勉強してきたはずなので、今回はより少ない労力で対応可能

・仮に落ちても、金銭的被害は 5,700 円+αぐらいで済む

ということから、やっぱりメリットの方が大きいと思う。

いずれにせよ、少しでも受験を考えている人は、

今回の申し込み受付開始を機に、受験されてはいかがかと思う。

その際、合格に向けての勉強法や、利用した参考書については、

情報処理安全確保支援士への道

などを参考にしていただければ、私としてもうれしい限り。

セキュリティ人材不足が叫ばれる昨今、

一度検討してみてはいかがだろうか。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ, 情報処理安全確保支援士 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください