平成 30 年度春期情報処理安全確保支援士試験合格発表


■平成 30 年度春期情報処理安全確保支援士試験合格発表

本日、平成 30 年度春期試験の合格発表があった。

プレス発表
平成30年度春期情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験および
情報処理技術者試験(応用情報技術者試験、高度試験)の合格者を発表
https://www.ipa.go.jp/about/press/20180620.html

今年の合格者数は 2,596 名。

合格率は 16.9% と、前回の 17.1% とほぼ同様。

応募者数、受験者数ともに減少の一途をたどっており、

それに伴って合格者数も若干減少はしてはいるものの、

過去と比較してそれほど大きく減少した、というわけではない。

受験者数が減ろうが、合格者数が減ろうが、

試験の難易度自体が大きく変化しているわけではないため、

合格した皆さんには、祝意を表したい。



本日合格した方々は、登録処理を行えば、

最短で 10 月 1 日に晴れて情報処理安全確保支援士となれる。

平成 29 年度に情報セキュリティスペシャリスト試験から

情報処理安全確保支援士試験へと制度が変わってから、

毎回およそ 650 人前後の合格者が支援士登録を行っているようである。

25,000 人前後受かっていて,25% 前後しか登録していないため、

支援士の数はなかなか思うようには増えていないようである。

ただ単に数が増えればよい、というものではないと思う。

が、資格の維持費に対して明確なメリットが見えない状態が

ずーっと続いており、資格自体の対外的な魅力が一向に向上していないように思う。

自分自身の意義としては、試験合格に向けた学習による知識の向上、

試験合格者、という、セキュリティの知識レベルを客観的に提示できる

肩書の取得、という意味では、試験に合格した意義は非常に大きいと思っている。

ただ、あくまで自己満足のレベルであって、収入が増える、

仕事の幅が広がる、等々の明確なメリットがあるわけではない。

そして、私は合格から丸 1 年以上たったことになるが、

登録しなかったことによるデメリット

というのは一切感じていない。
*試験に合格したメリット、は自己満足的には結構感じているが。

何とか、

「登録して支援士となることによる明確なメリット」

というのが増えてきてほしいと切に願う、今日この頃である。

いずれにしても、合格した方は本当に素晴らしいと思うし、

残念ながら不合格だった方も、折角よい経験を得られたのであるから、

ぜひとも次回試験に挑戦されるとよいのではないかと思う。

今後の本資格試験のさらなる意義向上を、強く願っている。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ, 情報処理安全確保支援士 タグ: , パーマリンク