ハンダ付けに挑戦! – Raspberry Pi でラジコン戦車 –


■ハンダ付けに挑戦! – Raspberry Pi でラジコン戦車 –

[2018 年 4 月 30 日追記]
——————————————————-
Raspberry Pi を使い、

ブラウザから DC モーターやサーボモーターを操作して、

監視カメラ付きラジコンにする方法については、

Raspberry Pi でブラウザから操作できるラジコン戦車を作る!

にまとめたので、こちらを見ていただきたい。
——————————————————-
先日、

追加購入を決意 – Raspberry Pi でラジコン戦車 –

で購入した、ハンダごてが届いた。

実際に購入したのはこれ。

15秒で使える!! 高出力 8W こて先 3mm コンパクト 安全スイッチ ハンダ USB給電式 半田こて 半田ごて
by カエレバ

 

で、実物はこれ。

大体、実物はイメージよりも大きかったりするのだが、

これに関してはおよそイメージ通りの大きさだった。

早速利用しようと、中身を確認してみる。

ハンダごて自体は、一昔(二昔以上?)前にはやった、

ドクターグリップ、というシャーペンよりちょっと大きいぐらい。

とはいえ、私が学生時代に実験でつかったハンダごてより、

相当スリムで小さい。

電源ケーブルは USB。これもなかなかよい。

わざわざコンセントにささなくてもよい、というのは、

意外と使い勝手がよいものだ。

後は、加熱した状態でハンダを載せるための鉄板。

ちゃんとハンダごてを引っ掛けられるようになっている。

これもそれほど大きくなく、いい感じ。

ふむふむ、これで 1000 円未満なんて、

よい買い物をしたものだ、と満足していた。



で、さぁ使おうかと思ったが、何かバネみたいなのも付いている。

なんだこれ?としばらく眺めていた。

昔のでかいハンダごてには、ハンダごてを置くための台が

だいたいセットで使われていた。この台、

まるで筆箱のようになっており、下にはハンダを拭くための

水を含ませたスポンジを入れる所や、ハンダを置くための

金属の棒等があった。

なので、それに使うバネなのかな?とも思ったが、

ハンダごてを置く台は先ほどの金属板を折り曲げたものがあるし、

これは何に使うのだろうか?

としばらく悩んでいた。

・・・。

そして気がついた。

これ、ハンダだ。

ハンダがバネ上に巻かれているだけだ。

このセットだけですぐにハンダ付けができるようになってるんだ。

まぁ何と親切セットなんだろうか。



いやぁ、なかなかありがたいねぇ、なんて思っていたが、

ふと気づいた。

ハンダ別途買っちゃったじゃねーか!

ハンダ付けするには、ハンダが必要!

これならペン型で使いやすかろう!

ということで、

goot 電子工作用はんだ SD-63
by カエレバ

 

を購入。

実物はこんな感じ。
*下は大きさ比較用のラズパイ

が、

・DC モーターとジャンパ線

・電池ボックスとジャンパ線

をつなぐ程度なら、ハンダごてのセットに付随している

ハンダ程度の量で十分じゃねーか!

今後、ブレッドボード用 micro USB 電源ソケットが

やってきたとしても、十分対応できる。

しまった・・・。

余分なハンダを買ってしまった・・・。

まぁいいか。

なんかで使うこともあるかもしれないし。

多少のリスクは覚悟していたが、

実際にやってみると、やっぱり顕在化するリスクはあるのね。

とはいえ、たかだか 250 円。

まぁそんなに大きな損失ではないし、

また何か作る、となるとハンダを使うかもしれないので、

よしとしようか。



ということで、早速使い出してみる。

15 秒ほどで使えるようになる、ということだったが、

確かに結構すぐ使い出せた。

で、場所も取らないし、かなりいい感じ。

ギアボックスに組み込んだ DC モーターと

ジャンパ線を実際にハンダ付けしてみた結果がこちら。

うん、しっかり付いている。

セロハンテープはちょこちょこ外れたが、

これなら多少引っ張ろうが何しようが、

はずれそうにはないぐらい、しっかり付いている。

しかし、ハンダごてはどうしても最先端の尖った部分で

ハンダを溶かそうとしてしまうが、そこでは溶けない。

そこから 1, 2mm 上の部分で溶ける。

たしか昔もそうだったなー、

だから多少なりとテクがいったよなー

みたいなことを思いだし、懐かしい気持ちに浸っていた。



そういったテクの話もあったが、

実際にはそんなに苦労することなく、

ハンダ付けが完了。

一回付けた後、すぐはずれたので、ハンダを追加して再接着。

そういえば、学生時代も、

・ハンダの量をいかに少なくするか、が上手下手の分かれ目

と言われていたので、つける量を少なくすることに

注力していたのだが、少なすぎた模様。

ということで、もうちょっとハンダを追加したら、

しっかり固定されるようになった。

あまりにもあっさり終わったので、

今度は電池ボックスとジャンパ線も接着。

こちらも全く問題なく、ハンダ付け完了。

USB を抜いて、ハンダごてを冷まし、

ハンダ付け作業は無事完了となった。



まぁ、ハンダ付け自体は学生時代に実験で経験していたので、
*もちろん相当昔の話だが

それほど苦労することなく完了することができた。

非常に簡単な作業をちょっとやっただけではあるが、

「電子工作やってます」

感は半端なく感じた。

何度もいうが、ハンダごてとハンダさえあれば、

誰でもできる非常に簡単な作業である。

が、私自身の自己満足度は尋常ならざるほど高い。

たかだか 800 円程度の機材を買って、

こんなに簡単な作業をするだけで、

・あれもできるんじゃないか?

・こんなこともできるのでは?

なんて気持ちになってきている。

さらに、作業スペースもほぼいらない位。

ほんと、今までなんであんなに回避してきたんだろう。

まぁ理由は色々あるのだが、買って明らかによかった。

まだモバイルバッテリーを買っていない上に、

ブレッドボード用 micro USB の電源ソケットも

届いていないが、暫定版の車体作りを進めていこう!




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ, ラズパイで電子工作 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください