ハロまで登場!ロボット玩具




■ハロまで登場!ロボット玩具

ITmedia の記事。

アニメから“現実化”したロボットまとめ(2017年)
「ハロ」「タチコマ」など (1/3)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/22/news123.html

本サイトでも、

『タチコマ!』

で紹介した、1/8 タチコマなんかも載っている。

攻殻機動隊S.A.C. うごく、しゃべる、並列化する。 タチコマ SPECIAL EDITION 1/8スケール
by カエレバ

 

しかしハロもかー。

まぁ、ここ最近の AI ブームを考えれば、近いものは出来なくはないわな。

1. ハロのプラモを買ってくる。
2. 中をちょっとくりぬく。
3. 声をハロに設定した AI スピーカーを中に入れる

で、それっぽいものは出来上がる。

声をハロに設定する、というのが難しいが、バンダイなら余裕でできる。

と考えると、ラズパイで AI スピーカーを実現できれば、

私にだってそれっぽいものは作れるはずだ。

とはいえ、

ラズパイで AI スピーカー!

で書いたような kit を使ってしまうと、ハロの中には入らないか?

Google AIY Voice Kit – 日本語補足説明書付き
by カエレバ

 

であれば、kit を使わずに実現すればよかろう。

目をチカチカさせるのは、いわゆる L チカで十分だ。
*LED をチカチカ点灯させることを L チカというらしい。

もちろん、飛んだり跳ねたり、パタパタさせたりは難しいかもしれないが。

しかしこうなってくると、実現できるものの幅が増えてるなぁ、と感じる。

可能性が広がるのは非常によいことだと思う。

私自身も、監視カメラをだいぶ完成形に近づけたことで、

「後は戦車が実現できたら、それ以降はもう作るものないかなぁ」

なんて考えていた。

が、ちょっと時間が経てば、また色々妄想が膨らんできている。

例えば、ビデオチャット、という選択肢を発見したことで、

・ビデオチャット出来るラズパイ戦車

に拡張するとおもしろいんじゃないか、みたいな事も考えている。

前々から、

「欲しいけど、使い道がないからなー」

と思っていた、raspberry pi 用のタッチパネル。

cocopar 4インチIPSハイビジョンLCD ディスプレイ タッチパネル タッチペン付
by カエレバ

 

こういったものを使えば、実現できるはずである。

なるほど、こう使えば使い道は広がるのか、と思いついた。

さらにそれが出来れば、

・簡単なキャラクターを全画面表示する
・音声に合わせてキャラクターを動かす

というような独自のおもちゃも作れるではないか。

そしてそれを実現しようとすると、いろんな知識が必要になる。

その過程で色々仕事にも役立つ知識が学べる。

うーん、また妄想が暴走するステートに入ってしまいそうだなぁ。

まぁそんなことよりも、

・今年中に監視カメラ+音声ストリーミングを実現する!
・来年の電子工作では『ラズパイ戦車 – Pi Tank -』を作る!
・加えて、セキュリティ関連の情報をもうちょっと一般的なものに拡張する!

ということを実現していきたい。

特にセキュリティに関しては、今現在、

・OpenVAS で脆弱性がボロボロ見つかるやられようサーバー
・そこで見つけた脆弱性を付く metasploit を試すサーバー

などを準備したいと思っているのだが、

raspberry pi での実現がちょっと滞っている。

metasploitable2 で実現するのが一番早いのだが、

ARM 上で動作するフリーの仮想マシンが見当たらない。

さらに、OpenVAS の派生元である Nessus も ARM 版がない。

よって、来年は

Windows がフルで動くボード型 PC

でも紹介した、

LattePanda 2G/32GB – Win10開発板(デジタル ライセンス含め)
by カエレバ

 

を購入し、Intel CPU を搭載した Windows マシンを手に入れたい。

で、こちらを使って、

新たなセキュリティ試行環境
*要は自分専用で他人に迷惑を掛けないハッキング環境

を作って行きたいのである。

監視カメラを作ったことで、

・乗っ取られる(擬似)IoT 機器(raspberry pi のこと)

も実現できたし、戦車化も成功すれば、

・乗っ取られたら勝手に動かされる

感も、もっと出せると思う。
*まぁ戦車化も監視カメラ化もその目的ではないのだが。

ということで、

再び膨らんできた妄想

を忘れないように書き留めつつ、

来年はもっと自分の実力をあげていきたい。

また、その内容を記載することで、

もっと充実した情報を提供できるサイトにしていきたい、

と決意を新たにした今日この頃であった。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ, ラズパイでセキュリティ, ラズパイで電子工作 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.