また嵌るのか!? – Raspberry Pi でラジコン戦車 –


■また嵌るのか!? – Raspberry Pi でラジコン戦車 –

[2018 年 4 月 30 日追記]
——————————————————-
Raspberry Pi を使い、

ブラウザから DC モーターやサーボモーターを操作して、

監視カメラ付きラジコンにする方法については、

Raspberry Pi でブラウザから操作できるラジコン戦車を作る!

にまとめたので、こちらを見ていただきたい。
——————————————————-
今週末、ラズベリーパイで戦車を作るための材料がようやく揃った。

これに伴い、ラズパイ戦車の作成を再開。

が、案の定思い通りには動いていない。

サーボモータを動かせたから、今回は簡単に行くかと思ったのになぁ。

まぁ世の中そんなに甘くないということか。

とりあえずやってみたことを書いておこう。



まずはこちらのサイトを参考にさせて頂き、配線を接続。

RaspberryPi3で作るラジコン
https://qiita.com/imcuddles/items/c05cbea95db1f7469fed

が、どうも配線を間違えたっぽく、動かない。

いきなり二つはちょっと難しそうだったので、

まずは一つの DC モーターを動かすように気持ちを切り替え。

ひとまず配線を終えてみた。

その後、上述のサイトを参考にしながら、

webiopi 側のライブラリで動かしてみることに。

トライしてみたが、うんともすんとも言わない。

ギアを組み立てるときに固くしすぎた?

それとも GPIO の操作自体がうまくいってない?

など、考えられる原因は複数あった。

現在の自分の精神状態もあり、この時点でやる気大幅減。

とはいえ、このまま終わるわけには行かない、と

なんとか気持ちを奮い立たせ、まずは原因を切り分けることに。

とりあえず、電池ボックスとモータを直でつないでみた。

すると、普通に動いてくれている。

ということは、配線が間違えているか、操作できてないか、が原因。

よって、配線から見直してみる。

色々調べてみると、何か微妙に配線が違ったりする。

なので、TA7291P の仕様とピン配置を今一度確認。

微妙に配線を間違えていたので、これを修正。

再度 GPIO を操作してみると、何とか動いてくれた!



よしっ!これでいける!と思い、色々操作をしてみる。

そうすると、GIPO 操作によって、

・正回転させると順調に動く
・逆回転させると動く、止まるを繰り返す

という状況に。

なんだこれ?やっぱりギアボックスが固いのか?

なんて思いながら、ギアボックスを組み立て直したり

操作しなおしたりしているうちに、全く動かなくなってしまった。

壊れたか!?と思い、今一度モーターと電池を直で接続。

するとやっぱりちゃんと動いてくれている。

ということで、いま、何がおかしいのかが分からない状態。

現時点での予想としては、

・サーボモータの時同様、webiopi のライブラリ側の問題

ではないか、と思っているのだが、pigpio を使ってもうまくいってない。

何だろうなぁ。

何が原因か、をもうちょっと簡単に切り分ける方法ないかなぁ。

今回は簡単に動かせるのではないか、と思ったが、やっぱり甘かった。

解決策が思いつかないのがなかなか辛い。

が、サーボモーターの時も、だいぶかかったが結局解決できた。

見直しから始めて、もうちょっと考えてみよう。

しかし、やっぱり実際にやってみるということは本当に大事。

色んなサイトを拝見すれば、あたかも簡単にできそうに思える。

所が実際にやってみると、そうは問屋がおろさない、って感じ。

まぁこういう苦労をするから、解決できた時は超楽しいのだ。

今は産みの苦しみを楽しめるように考え方を変えよう。

しっかしほんとにどうしようかなぁ。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ, ラズパイで電子工作 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください