こいつ、動くぞ!?


■こいつ、動くぞ!?

先日購入した、サーボモーター。

いざ動かそうと思ったら、何とジャンパワイヤが分断できないではないか。

サーボモーター側のワイヤの先端が三つ繋がってしまっているため、

このままではラズパイの GPIO にさせない。

よって、追加でジャンパワイヤ(オスーメス)を購入。

いよいよ動かすぞ!と意気込んでいたのだが、

PC は壊れるわ、仕事は立て込むわでなかなか着手できず。

ようやく今日チャレンジしてみた。

参考にさせていただいたのは、こちらのサイト。

Blue-black.ink
Raspberry Piの記録とかいろいろ

pigpioでサーボモーターを動かす。

殆ど記載どおりでいけたのだが、ちょっと違う所もあったりする。

よって今後ちゃんと動かし方はまとめていくが、忘れないうちにまず書く。

まずはサーボ側の線の意味。

・茶色 :GND(グランド)
・赤 :電源(5V)
・オレンジ :角度制御のパルス入力

となっているとのこと。なのでこれをラズパイ側にうまく接続すればいい。

ラズパイ側の GPIO ピン配置はこちらのサイトを参考にさせて頂いた。

https://www.qoosky.io/techs/25c2e558f3

私の場合、GPIO 18 にパルス入力を接続。

その後、ラズパイから操作する。

まず、raspi-config で GPIO を有効化。

続いて python で GPIO に信号を送って動かす。

python の起動。

# python3

続いて、pigpio の初期化。

>>> import pigpio
>>> pi = pigpio.pi()

サーボモーターの位置初期化。

>>> pi.set_servo_pulsewidth(18, 1500)

こいつ、動くぞ!

なんのことはない、まだ動かしただけの話。

が、個人的には超感動!

ようやく電子工作らしくなってきた!

この辺、設定から動かせるようになるまで、を整理し、

ラズパイで電子工作

にまとめていこうと思う。

着々とすすんでいるぞー!




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ, ラズパイで電子工作 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。