いよいよ国内販売開始! – Raspberry Pi 4 –


■いよいよ国内販売開始! – Raspberry Pi 4 –

以前より発表され、

既に海外版の販売は始まっていた、

Raspberry Pi 4 Model B+。

海外版をそのまま国内で使うのは、

無線関連の法律等で

もろもろ制約があるのだが、

先日、国内の技適マークに対応した

バージョンが発売開始されたらしい。

アールエスコンポーネンツ、技適対応版「Raspberry Pi 4」を発売

正規代理店では、

税込みで 6,600 円程度のようだが、

送料等はどうなっているんだろう…。

あと、当然のことながら、

本体のみでは動かない。

また、Raspberry Pi 3 Model B+ を

もっていたとしても、

電源が microUSB から USB Type-C に、

HDMI が通常サイズから microHDMI に、

などと変更がある。

このため、初めて購入する場合には、

のような、スターターキット的なものを

購入したほうが便利だろうと思われる。



raspberry pi 3 とは違い、

CPU 性能も向上しているし、

RAM サイズも 1 GB から

1, 2, 4 GB を選択できるように

なっている。

個人的には、RAM サイズの増加が

非常に興味深い所である。

私が所有している、

Raspberry Pi 3 Model B+

も、費用対効果という意味では

非常に優秀だと思っている。

個人的な趣味レベルで

サーバーとして動かす分には、

全く何の問題もない。

ただ、パソコンの代わりとして使おうとして、

ディスプレイ表示等をさせると、

メモリの関係からか、スワップが起きまくり、

ちょっと作業するとすぐに

パフォーマンスが落ちる、

という状況であった。

このため、かなり我慢しながら使っていた。

が、今回は RAM サイズ 4 GB が選択できる。

そうなった場合、パソコンとしても

使える可能性がでてきたか、と思っている。

既にラズパイを 3 台持っている身としては、

今回の新作を購入するかどうか、

非常に悩みどころではあるが、

仮に購入することになれば、

一度試してみたいと考えている。




Copyright (c) 2017 Webmaster of this site All Rights Reserved.
カテゴリー: ブログ パーマリンク